経営者お役立ち情報

採用情報
セミナーのご案内

メニュー

  • HOME
  • コンサルティング
  • 経営者様お役立ち情報
  • セミナー・研修
  • 会社概要
  • お問い合わせ

関連サイト

  • 中小企業財務・総務コンサルタント協会
  • スーパー管理部長
  • なとりInfo.
経営パートナーズサイト HOME >> 経営者様お役立ち情報 >> 会社の利益をとことん上げるノウハウ

会社の利益をとことん上げるノウハウ

会社の売上を上げる!これは、経営者にとって経営の最重要課題と思われますが、それだけに捉われてしまうと、経営自体がおかしくなってしまう恐れがあります。

売上を上げるには、〔販売価格×販売数〕になるのですが、会社にとって重要なのは売上ではなく利益です。すなわち、〔粗利益×販売数〕が最も重要です。

例えば、1万円の単価で販売数が1,000個だとすると、売上は1,000万円。
しかし、仕入〔原価〕が1つ9,000円であれば、売上1,000万 − 仕入900万で、売上利益は100万円。

販売価格が15,000円で、販売数が500個だとすると、売上750万円 − 仕入450万で、売上利益は300万円。

この売上利益から各固定費を支払います。どちらが安定した経営かは明らかです。

  • 建設業であれば、1つの工事からどれだけの粗利が出せるか?=原価管理と値入
  • 製造業であれば、1つの納品からどれだけの粗利が出せるか?=原価管理と値入
  • 運送業であれば、1つの請負からどれだけの粗利が出せるか?=原価管理と値入
  • サービス業であれば、1つのサービスからどれだけの粗利が出せるか?=原価管理と値入

全ての業種に共通するのは、原価管理と値入です。
原価管理は、調達資材のコストダウン、人件費の圧縮(期間の短縮)など、企業によって課題となるべきものは様々ですが、その答えは現場が持っています。

また、利益では、いかに安売りしないか?また同業他社との差別化によって付加利益の取れる金額でのアプローチが出来るか?が課題であり、これが良く聞く〔他社との差別化〕です。

他社との差別化を目指し、付加利益を上げるために自社の強みを整理して、また市場の動向を考えて戦略を決定していくSWOT分析というものがあります。
是非社内で、このSWOT分析を行ってみてください。

経営のヒントに、各業種の利益管理のシートを掲載しています。ご参考にしてみてください。

line
メールでのお問い合わせはこちら

※お問い合わせの際のお客様の情報につきましては、業務上の目的にのみ使用いたします。【個人情報保護方針】

このページの上へ

Copyright(C) 株式会社 経営パートナーズ ALL Rights Reserved.  宮城で経営相談なら経営パートナーズ